愛犬の服を購入する前にぜひ読んで欲しい!犬服のポイントなどについて詳しく解説

犬服を購入する場合には、犬の大きさに合ったサイズを選ぶことが大切です。
犬の体型に合わない服を着せると、必要以上にストレスを与えることになるからです。
そうならないようにするためにも、犬のサイズを測定して正確なサイズを選びましょう。
また、犬の肌に優しい素材を選ぶことが大切です。
犬は人間と違って汗をかかないため、通気性が良く肌触りが柔らかい素材がおすすめです。
さらに、犬服は機能性だけでなく、デザイン性も重要になります。
犬種や性格に合わせたデザインを選ぶようにしてください。
季節やシーンに合わせたデザインもおすすめです。

大事なことはどのような犬服が負荷が少なく着心地がよいのかを考えること

犬服は愛犬家にも人気がある商品です。
自分の好きなデザインの服を着せて、犬を可愛がっている愛犬家も多くいます。
こうした服を購入する時には、気をつけなければいけないポイントもいくつかあります。
飼い主が特に注意した方が良いのは、犬の着心地です。
着心地が良くないものを選んでしまうと、犬の体にかかる負担が大きくなってしまうこともあります。
体に対する負担が大きいものを長時間き続けていると、健康に影響を与えることもあります。
犬にとって安全な犬服を選びたい場合には、犬の体に負担が少ないものを選ぶことが重要です。
犬が負担を感じずに着ることができるものならば、長時間着続けても快適に過ごすことができます。
購入した犬服が犬の体に合っているかどうかわからない場合には、自分で触って確認することもできます。
服のサイズが小さすぎると犬の体が締め付けられることもあるので、ある程度ゆとりのあるサイズのものを選んだ方が最適です。

服が脱げないように犬のサイズに合っている犬服を探す

犬服を選ぶ際に大切なのは、愛犬とサイズがマッチしているかどうかです。
デザインや色味、防寒対策の面ももちろん大事ではあるものの合致していないと脱げやすくなったり窮屈な思いをさせてしまいます。
基本的には首の付け根部分から尻尾の付け根までの背丈、首回りおよび胴回りを測定すると良いでしょう。
この時、窮屈にならないようにするために長毛犬種や毛が多い種類の場合は少し大きめのものを選ぶと良いです。
また犬種によっては、その種類の体型の特徴により脱げやすくなってしまうためそちらを考慮する必要もあります。
たとえばフレンチブルドッグは首が太くて、襟ぐりが大きいためパーカーなど首回りの生地がしっかりしている犬服をチョイスするのがおすすめです。
足が短くて、胸が出っ張っている体型のミニチュアダックスフンドも同様に注意が必要です。
寝転がっていて仰向けになった後に、服の胸の部分に足が入り込んでしまって身動きが取れなくなる場合があります。
リラックスタイム用の服はあえて用意せず、暖房やペットヒーターなどで温度調節をしてあげてください。

サイズの合わない犬服を無理に着せるとけがをする原因になる

サイズの合わない犬服を無理に着せると、犬に大きなストレスを与えてしまうだけでなく、けがをする原因となることがあります。
サイズが合わない犬服を着ていると動作が制約されて動きにくく、転んでしまうこともあるのです。
犬服を着せる時は、必ずサイズを細かくチェックしておくようにしましょう。
首周りや背丈、胴回りの長さを測って、動きやすく違和感のない物を選んであげることが大切です。
犬服は人間の洋服と同様にサイズ別に製造されているので、必ず最適の商品を見つけることができます。
格好いい物から可愛いデザインまで様々な種類があり、見た目を重視で選びたくなりますが、まずは着心地と動きやすさに注目して選ぶと失敗する心配がないと言えます。
専門店に行けば、実際にサンプルを試着させてから購入することも可能です。
サイズの測り方がよく分からないという場合も、アドバイスをしてもらうことができるので初めて購入するという人でも安心でしょう。

噛んで破ける場合もあるので作りが丈夫な犬服であるかを確かめること

犬服の耐久性は愛犬が快適に過ごすだけでなく、コストを節約するためにも効果を発揮します。
噛まれたり引かれたりすることがあるかもしれませんが、耐久性を高める方法や購入時に注意すべきポイントがあります。
素材は天然繊維や強化された合成繊維の服もあり、とにかく重視たいのが耐久性が高いことがあります。
適切な素材を選ぶことで、素材が簡単に破れたり噛み破られたりするリスクを軽減できます。
縫製品質は犬服の強度に大きく影響して、丈夫な縫製と補強されたステッチがあるタイプは噛まれてもすぐには壊れにくいです。
購入する際には、縫製がしっかりしていることを確認しましょう。
犬服のサイズが合っていないと愛犬が噛んで調整しようとすることもあり、適切なサイズを選んで犬にフィットするように調整することで、耐久性を向上させることができます。
特に強さのある服への要求が高い部分に補強が施されているのは、丈夫さにおいて気にする人が多いからです。

犬服は装飾品のないシンプルなデザインで着やすいものを探す

犬服は、装飾品のないシンプルなデザインで着やすいものを探すのがおすすめです。大きなリボンやフードがついているデザインのものを可愛いからとつい着せたくなりますが、犬にとっては動きにくくケガをしてしまうかもしれません。首には首輪がついているのでフードが大きい場合、きつく感じてしまったり着心地が悪かったりします。仮、に装飾された犬服を着せても、着心地が悪く犬が嫌がることも否定できません。リボンなどの飾りがついていると、脱いだり着たりするときに、爪が引っかかってケガをしてしまうこともあります。大きなフードの場合は、散歩中前が見えなくて転倒してしまったり、脱ぐときに頭が締め付けられたりすることも考えられます。シンプルな犬服かわいくないと思う方は、柄や好きなカラーでオシャレを楽しむといいでしょう。柄でリボンやポケットを表現している犬服も販売されています。オシャレを楽しむのもいいですが、一番や犬の気持ちを考えて着やすいものを探してあげることが大事です。

犬服に表記されているサイズだけで判断して購入はしない

犬を飼っている人は世の中に大勢いるはずですが、普段から可愛い服を着させている方も意外と多いのではないでしょうか。ただでさえ愛らしい見た目なのに、そこに可愛らしい犬服を付け加えると、より愛くるしさが上がるからかもしれません。インターネット通販などで犬服を購入し、自分たちでサイズの調整をしてから着せていることでしょう。ですが犬服に表記されているサイズだけで判断して購入すると、後々後悔する可能性が高いです。特に犬は短期間で成長する生き物なので、すぐに服が小さくなることが多いからです。そこで少し大きめの服を選んでおけば、成長に合わせてちょうどよい大きさになります。長く着続けることができるので、無駄にせずボロボロになるまで使うことができるはずです。犬服は最寄りの専門店に行けばいろいろな種類が販売されていますし、現代ではインターネット通販でも簡単に探すことができます。お気に入りの服を複数購入しておけば、その日の飼い主の気分に合わせて着せて楽しめるはずです。

犬服を購入する際にサイズを測る時には複数回行い平均値をとるとよい

犬はエサを食べる量や運動の頻度の影響を色濃く受けやすく、体重やサイズの増減が意外とあるものです。少し多めに食べたり、悪天候で散歩ができない日が続けば途端に太ってしまい、食べる量が減ったり散歩で長時間駆け回ることがあればすぐに痩せて行きます。犬服を購入して最初は丁度良いサイズだと思っても、すぐにきつくなったり緩くなったりと頻繁に変化し、サイズの合わないものを着用して怪我の原因になってしまうのも心配です。そのため、犬服を購入する際にサイズを測る時には、複数回行って平均値をとるのがおすすめです。平均値をとれば多少のサイズの増減があっても着用でき、ジャストフィットして可愛らしく見えるのはもちろんのこと、足が引っかかったりして怪我をするのを防止できます。伸縮性の高いストレッチ素材を使用したものであれば柔軟に対応でき、快適に着用することが可能です。大切な犬に着させる犬服だからこそ、それぞれに合ったものを選んであげたいところです。

首回りと胴回りと着丈また背丈のサイズが分かると犬服が探しやすくなる

ペットのことが心から大切で何よりも愛していると感じている場合、自分の服はそっちのけで何着も可愛らしい動物用の服を買ってあげたくなってしまうと思います。しかし、小型犬・中型犬・大型犬によってサイズ展開がかなりバラバラですし、犬の種類によっても最適な服のデザインなどが全く違ってくるため、買った後に後悔しないためにもしっかりと採寸してぴったりと合うものを買うように心掛けていきましょう。犬服を買う際に大切にしたいことは、首回りと胴回りの長さを測っておくことです。柔らかいタイプのメジャーを使えば簡単に測ることができるので、首回りと胴回りはもちろんのこと、できることなら着丈や背丈のサイズも調べておくことをおすすめします。そして、ある程度サイズを知ることができた場合、少しだけゆとりのある犬服を選択して買うようにすることも忘れないでください。ぴったり過ぎると窮屈になって息が苦しくなってしまうこともあるので、多少ゆとりがあった方が安心して着せられるからです。

毛の長い種類の犬服を探す場合サイズは被毛がつぶれない程度の強さで測定するとよい

ワンちゃんは犬種によって特徴がさまざまであり、犬服も特徴に合わせて選ぶ必要があります。特に毛の長い種類は着用できる犬服は限られますし、ワンちゃんのストレスの原因になる可能性も高いので慎重に選ぶ必要があります。毛の長い種類の犬服を探す場合サイズは測定が非常に大事です。毛の長い種類の犬服を探す場合サイズは被毛がつぶれない程度の強さで測定するのがおすすめです。サイズを間違えてしまうと返却したり、キャンセルしなければいけませんが、商品によっては一度着用したら返却やキャンセルを受け付けていないショップもあるので要注意です。インターネット通販はとても便利ですし、色々な商品を比較することができますが、実物をチェックできないので数字のデータはとても大事です。素材も伸縮性があるのか、速乾性が高いのか、ワンちゃんに有害なものは使われていないのか、サイズだけではなくあらゆる面から総合的に判断することも大事です。

犬服 通販に関する情報サイト
犬服選びのポイント

犬服を選ぶ場合にはいくつかのポイントに留意しておく必要があります。
よく考えずに選ぶと犬に余計なストレスを与えかねないので、くれぐれも注意するようにしましょう。
選ぶ際のポイントは、大きく分けて、サイズと素材、デザインの3つです。
サイズはなるべく犬の体型に合うものを選びようにし、素材は肌触りの良いものにするのがおすすめです。
デザインについては一概にどういったものが良いというのは難しいのですが、なるべく季節に合うものを選ぶようにした方がベターです。

Search